〒470-0134
愛知県日進市香久山2-2105

日進市 歯科 歯医者 小児歯科 審美歯科 インプラント ホワイトニング 訪問診療 往診 ザ イトオ デンタル クリニック The ITO Dental clinic(ザ イトウ デンタル クリニック)

HOME医師の紹介クリニック紹介診療時間・地図求人案内

マタニティ歯科Maternity dentistry

赤池駅のTHE ITO Dental Clinic 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

Contents Menu
Mobile site
HOME»  マタニティ歯科

マタニティ歯科

当院では、妊婦さんと産まれる前のお子さんの予防を中心とした【マタニティ歯科】を実践しております。
マタニティ歯科では、妊婦さんだけでなく、授乳中のお母さんやお腹の中で育っているお子さんも対象としています。

妊娠中のお口の変化

妊娠中のお口の変化

妊娠すると、女性ホルモンのバランスが変化して、唾液の分泌量が少なくなるなど、お口の状況も変化する傾向があります。
また、食生活が変化することに加えて、つわりなどが影響して、毎日の口腔ケアが不十分になりがちです。
その為に、むし歯や歯周病になりやすくなります。
ここで注意したいのが歯周病です。
実は、妊娠中の歯周病「妊娠性歯周炎」は、お腹の中の赤ちゃんにも影響すると言われているのです。

お母さんももちろんですが、生まれてくる赤ちゃんの健康を守るために、マタニティ歯科への受診をおすすめします。

妊娠中治療の最適時期

安定期の3~8ヵ月の間がベストです。
この時期は精神的にも身体的にも安定していますので、可能であればこの時期に治療を終わらせるように計画を立てます。

妊娠初期は重要臓器が形成される時期ですので、この時期は基本的に応急処置にとどめています。
また、妊娠後期は出産が控えており身体的につらいですので、無理をされない程度にしております。

お子さんの口腔内環境に関して

お子さんの口腔内環境

生まれたての赤ちゃんのお口の中にむし歯の菌がいないのはご存知ですか?
乳歯の形成は胎生期7週目から始まるので、乳幼児の健康な口腔を確保するためには“マイナス1歳”からの良好な口腔内環境が必要になります。むし歯は1歳7ヵ月~2歳7ヵ月くらいをピークに、周りの大人の口から感染するのです。
つまり、周りのむし歯菌をできるだけ減らしておけば、お子様の感染年齢を遅らせて予防につながります。
生まれてくる赤ちゃんの一番近くにいるのは、お母さんです。
妊娠中には一度歯科検診を受けてお口の環境を整え、むし歯菌の数を減らしておくことをおすすめします。

お母さんの口腔内健康に関して

お母さんの口腔内健康

妊娠初期にはつわりや体調がすぐれないことが多くなり、歯がうまく磨けないこともあると思います。
そうするとむし歯や歯周病が発症しやすくなるので、口腔内を拝見させて頂き、治療や予防をし、健康な口腔内状態を保つよう努めます。
妊娠中に「妊娠性エプーリス」と呼ばれる歯肉の腫脹が現れる場合があります。
これがあると、歯磨きは痛くてできませんし、歯周病にも移行しやすい為、レーザーなどで切断し口腔内清掃をしやすくする必要があります。
当院ではお母さんにもお子さんにも良好なお口でいていただけるよう、スタッフ全員で努力致します。

HOME